Home » 概要

概要

事務局

〒929-1126
石川県かほく市内日角井1番地
石川県西田幾多郎記念哲学館内
TEL 076-283-6600
FAX 076-283-6320

info@nishida-philosophy.org

西田哲学会 趣意書

時代を超えて読み継がれてきた西田哲学は、近年になって日本国内のみならず、諸外国においても、その研究者や文献の数が飛躍的に増加しつつあります。これら内外の新しい研究動向において、西田哲学は、現代の哲学思想という文脈のもと、新しい可能性を蔵する宝庫としての姿を現わしつつあります。そして宗教学や倫理学はもとより、精神医学や美学・芸術学、建築学、といった異領域からも大きな関心が寄せられ、多方面に影響を及ぼしつつあります。西田哲学研究はこれらの奥行きと拡がりとを得て、今後ますます豊饒な成果をあげていくことが予想されます。
先に燈影舎より刊行された『西田哲学選集』は、世に広く受け入れられましたが、それに続き、このたび岩波書店から『西田幾多郎全集』の新装版が刊行されつつあります。西田哲学の新たな研究機運は、これらによってさらに醸成されていくことでありましょう。
さらに特記すべきことは、西田幾多郎という「人」とその「思想」への関心が、狭い意味での学術研究のレベルのみならず、一般教養層においても、否、こういった広い知識人層おいてまさに、かつてない広がりを見せていることです。平成十四年六月に西田幾多郎の生まれ故郷・石川県宇ノ気町にオープンした「石川県西田幾多郎記念哲学館」は、こういった関心をもつ人々の出会いの場となり、平成十五年二月現在、すでに入場者が三万六千人を超えました。
奇しくも昨年九月、一九八五年に宇ノ気町と姉妹都市交流の協定を結んだドイツ連邦共和国メスキルヒ市に、「ハイデッガー記念史料館」が設立され、開館記念式典が開催されました。二十世紀を代表する東西の世界的哲学者が、二十一世紀に向けて新しい可能性を開いていくことを予感させる象徴的な出来事と言えましょう。
このような状況のもと、私どもは西田哲学についての研究や交流を推進する総合的な組織の必要を痛感し、ここに「西田哲学会」の設立に踏み切りました。
私どもは、本会が狭義の哲学研究者のための学会に留まらず、西田哲学に関心を有するすべての人々に開かれた国内外の交流の場所となり、時代の要請に応じた新しい思索を探りゆく基盤となることを願うものです。

西田哲学会理事会


創立年

創立:平成15年2月1日


 役員組織

(第5期、2015年度から2017年度。五十音順。敬称略。)

会長
秋富克哉

理事
秋富克哉、浅見洋、板橋勇仁、井上克人、上田閑照、上原麻有子、エンリコ・フォンガロ、大熊玄、大橋良介、岡田勝明、氣多雅子、小坂国継、小林信之、斎藤多香子、田中久文、田中裕、藤田正勝、ブレット・デービス、松丸壽雄、水野友晴、美濃部仁、森哲郎、米山優、林永強、ロルフ・エルバーフェルト

編集委員
田中久文(編集委員長)、水野友晴(副編集委員長)、大熊玄、嘉指信雄、嶺秀樹

幹事
石井砂母亜、板橋勇仁、大熊玄、太田裕信、熊谷征一郞、白井雅人、竹花洋佑、中嶋優太、名和達宣、松本直樹、水野友晴、森野雄介、Felipe Ferrari Gonçalves

監事
築山修道、嶺秀樹

*なお、西田哲学会の役員については、規約第7条以下をご参照下さい。


会員組織

西田哲学会の最大の特色は、西田に対する関心の広がりに応じて、会員を狭い意味での専門研究者に 限らず、広く一般の方に門戸を開いていることです。実際、例年の年次大会には、専門・非専門を問わず、大勢の会員が参加しています。ただし、年次大会では、初日の午前中に、一般の方向けのコーナー(講読部門)を設けています。
会員の区別については、規約の第4条を参照していただきたいと思いますが、A、B、Cの区別は、専門・非専門とは関係ありませんので、ご注意下さい。


会長あいさつ

会長就任挨拶   秋富克哉

このたび、西田哲学会第四代の会長を務めさせていただくことになりました。上田閑照先生、大橋良介先生、松丸壽雄先生と引き継がれた任の重さを、改めて厳粛に受け止めております。浅学非才の身でありますが、理事選挙でご支持下さった方々、また理事会で選出して下さった理事の方々のご期待に少しでも応えられるよう尽力してまいる所存ですので、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

西田哲学会の大きな特色は、代々の会長も強調してこられたように、専門研究者以外の人々にも開かれていること、外国人会員や海外在住会員が多くおられることの二つです。このことは、西田哲学の難解さにもかかわらず西田の生きた姿が大きな魅力となって私たちの心に強く響いてくること、そしてそのような人間西田から生み出された思想が日本的東洋的性格を備えつつ本邦初の本格的な哲学として世界的普遍性を獲得したことに依っています。十三年前の会設立時以来、この二つは会の柱として大切にされ、大会運営にも活かされてまいりました。

しかしながら、これらは、自明なものとしてそのままにしておけば済むものではありません。前者については、専門的な学術研究を基礎にしつつ、一般の方々との交流をいっそう活発化するための工夫、研究成果を広く社会に還元していくための創意が求められますし、後者については、外国人会員や海外在住会員との交流の輪を広げ、彼らの様々な要望に応えていくための努力が必要となります。特に西田哲学研究の近年の世界的広がりに応じて、会の活動をいっそう充実させていくために、インターネット環境の整備は急務であり、まずはこのことから取り組みたいと思っています。

他方で外に目を向けますと、社会は経済効率最優先で隅々までシステム化され、教育現場も即効性を求める実学志向が強まって、哲学の存在意義などほとんど忘れ去られたかのようです。しかし、三・一一後の原発再稼働に対する議論や安保法制をめぐる一連の運動など、私たちの行く末を見据え、そのためにまず足下を見つめ直す動きが、少しずつですが確実に出ています。過去の歴史を学びながら現在や将来について「考えること」の重要性が気づかれつつあります。そのようななか、哲学に何が出来るのか、何が求められているのかを、各自が今一度しっかりと受け止めなければなりません。そしてそのために、西田哲学は確かな可能性を投げかけてくれるように思います。今年は、戦後七十年にして西田没後七十年です。大戦下にあって日本の将来を憂えながら、世界の現実を問い続けた西田の思想的遺産に向き合うことが、今改めて意味を持ってくるのではないでしょうか。会設立から既に二旬目に入っている今、趣意書の最後を飾る、「時代の要請に応じた新しい思索を探りゆく基盤となること」という言葉の意味を、初心に立ち返り真摯に探っていきたいと思います。